無料の型紙をアップしたいと思います

管理人は、洋裁がすきです・・

まぁ
上手にとは、いかないまでも・・・
 布が、チョキチョキ切り、縫っていくと・・・
   なんと、素敵なものに完成するので
     ものすごく、楽しいしうれしい・・・
その基本となる型紙は、本当に大切なものです・・
多くの方にも、ぜひ、楽しんでいただきたいし、お役に立てる型紙があればいいなぁ・・・
と、思案して
やっと、無料でj型紙を紹介する方法が見つかりましたので、
 
  この、サイトで紹介したいと思います。
    
   少しづつ、改善しながら使いやすい型紙の紹介サイトにしたいと思います。
小さな袋物から、洋服まで紹介したいし・・・
  洋服も、サイズが大きなものも紹介したいです・・
   夢は一杯です
    本当に、本を1冊買っても、作ってみたいものは1枚か2枚で・・・
     型紙を買えば、かなりの金額・・・
    自己流ながら、型紙の作ってます・・
      そんな、型紙を紹介できたら・・・
        わぁぁ・・・・
        早く紹介したいです・・・・
   
     

ブロッコリーの茎

ブロッコリーの茎,芯、これがおいしいことを発見
花の蕾よもビタミンA,Cが豊富
食感もなかなか、よく、おいしい
P1180181.JPG
の部分は繊維が多く火を通しても固さが残るので
厚めに川をむきます
P1180182.JPG
千切りにします
P1180183.JPG
鍋にいれて、ゆがきます
P1180188.JPG
芯がやわらかくなったら
ザルにあけて、水で熱をとります

パナソニックの修理対応

ホームベーカリーの調子が悪く、パナソニックの修理センターに持ち込みました。
P1170343.JPG
結果は、異常なし・・・
「そうなの?」
「何度も何度も、パナソニックのシュウリセンターで焼きました、が、綺麗に焼けたので、修理の必要がないです」との回答でした。
「え・・・」
P1170344.JPG
なんと、ホームベーカリーをあけてみたら、
食パンセットも、入ってました
なんと、親切な・・
P1170345.JPG
早速、その粉で試すことにしました
P1170346.JPG
こんなお釜に入ってました
P1170347.JPG
食パンミックス
P1170348.JPG
さあ、作ります
簡単、コナミックスを全部入れてしまえば終わり
P1170349.JPG
ドライーストを、入れます
P1170350.JPG
ちゃんと、残さず・・
P1170351.JPG
スイッチを、入れれば・・・
完成
P1170352.JPG
修理明細書
修理代は無料です

花の美術館 結婚式

千葉市花の美術館

 あいにくの雨
結婚式がありました(撮影だけなのかな??)
レストラン ラ・ミューゼ
花の美術館に隣接する「フランス料理 レストラン ラ・ミューゼ」
四季折々の花と緑溢れる中庭が一望できる素敵なレストランです。
開放感と幸福感溢れるロケーションのなかで、結婚式をしませんか?
「憧れのガーデン挙式の夢が叶う」
青空の下の人前式。お花畑での結婚証明は花と緑に囲まれたラ・ミューゼだから叶うウエディング。
でしたが、本当に雨で残念でした・・・
でも、お幸せに・・・
P1170453.JPG
雨なので傘をさしてます
P1170454.JPG
カメラマンさんも傘をさしてます
P1170457.JPG
こんな感じで撮影

ポートタワー  千葉

千葉の観光名所は?
「ポートタワー」と、多くの人が答えるから・・・
P1170451.JPG
これが有名なポートタワー
千葉ポートタワー(ちばポートタワー)は、千葉県千葉市中央区に建つポートタワーである。1983年(昭和58年)9月に千葉県の人口が500万人を突破したことを記念して建設され、1986年(昭和61年)6月15日にオープンした。同じく県人口500万人突破を記念して整備された千葉ポートパークの一角にある
入館料は大人で410円
P1170452.JPG
デートといえば、ポートタワーらしい・・・
ポートタワーの概要
位置:北緯35度35分50秒
 東経:140度6分5秒
 塔体高:125.2m
最高高:137.25m
塔の1辺の長さ:15.12m
 4階の高さ:113m
 3階の高さ:109m
 2階の高さ:105m
エレベーター定員:1基15名(2基)
スピード:毎分90m
搬送能力:600名/1H
 非常階段1階~屋上まで:596段
開館時間
夏季(6月1日~9月30日) 9:00~21:00(最終入館時間20:30)
 冬季(10月1日~5月31日) 9:00~19:00(最終入館時間18:30)
 ※安全のため、強風等により臨時休業する場合があります。
いつも空が映り込んでいる その訳は…ハーフミラーガラス
 ポートタワーは、ハーフミラーという表面が鏡のような透明ガラスで覆われています。使用されているガラスはなんと5,571枚。1枚の大きさは横1375mm×縦875mmもあります。 このハーフミラーガラスは、「スパッタリング製法」という金属原子をガラスの表面に付着させる製法により作られています。表面を鏡のように仕上げることで、強い日差しをシャットアウトするのはもちろん、タワー全体に周囲の景色が映り込んで、太陽や雲の動きや、空の色の変化によって様々な表情を見せています。
強風や揺れに強い その訳は●ダイナミックダンパー
 ポートタワーには、地震や風による揺れから建物を守るため、屋上近くにダイナミックバンパーという制振装置が設置されています。この装置は建物が揺れる方向と逆の方向に動いて(揺れ幅は通常の風で数センチ、台風ではプラスマイナス1mも動きます。)タワーが振動するエネルギーを吸収しています。だから、風速60メートル、震度7の揺れにも耐えるように作られ、万が一のときも安心です。

いのはな亭 亥鼻城 千葉城 その2

いのはな亭
P1170437.JPG
P1170438.JPG
P1170440.JPG
抹茶と葛餅
500円
P1170441.JPG
この角度がいいかな
お召し上がり
 
名物 いのはな団子 …… 450円
 葛皿 …… 400円
 ところ天 …… 350円
 抹茶セット …… 500円
 あんみつ …… 450円
 白玉寒天 …… 450円
 磯辺焼き …… 450円
 けんちん汁 …… 450円
 ※その他 各種お飲み物
 
お持ち帰り
 
名物 いのはな団子 3本 …… 330円
 5本 …… 550円
 葛餅 …… 450円
 蓮の実 甘納豆 …… 420円
 味噌風味まんじゅう 5個 …… 650円
 栗蒸し羊羹 …… 530円
 ゆで落花生 …… 500円
 

いのはな亭 亥鼻城(千葉城) その1

P1170442.JPG
P1170433.JPG
お茶やさんを、発見
P1170432.JPG
栗蒸し羊羹
和菓子
雪んこ 350円が有名らしい・・
食べてみたい・・・
P1170434.JPG
抹茶セット500円
これも、食べたい・・・
迷ってしまう・・・・
P1170435.JPG
メニューは、盛り沢山
ほかに、お茶室もありので、
茶会も開かれてます
P1170439.JPG
お茶会です
P1170436.JPG
毛氈もあり、おしゃれ・・・
千葉市亥鼻公園の茶店・茶室・集会所
 郷土博物館 ・ 抹茶
 
住所: 〒260-0856 千葉県千葉市中央区亥鼻1丁目6 
電話: 043-224-7428 

亥鼻城(千葉城)、別名:猪鼻城、千葉城 その2

亥鼻城(千葉城)

P1170418.JPG
観覧券 大人60円
千葉市教育委員会発行
P1170419.JPG
いのはな山の文化祭
11月3日にあります(ありました)
P1170420.JPG
P1170421.JPG
P1170422.JPG
P1170423.JPG
P1170424.JPG
P1170425.JPG
昭和の家庭の風景もあります
亥鼻城(千葉城)は昭和42年に作られたコンクリート造りの天守閣風博物館
1階・近世・近現代ネル展示
2階・千葉市の歴史・民俗・天文に関する展示
 佐倉藩天球儀(複製)や仙台藩で使われていた渾天儀(複製)などの天文関係の展示品
 渾天儀とは天体の位置を観測する天文機器だそうです。
3階は千葉市の展示、昭和の家庭も興味深かったです
4階はプラネタリウムが、ありましたが現在は閉館となり、残念・・・
5階は展望室です

亥鼻城(千葉城)、別名:猪鼻城、千葉城 その1

亥鼻城(千葉城)

別名:猪鼻城、千葉城

P1170412.JPG
駐車場から撮影しました
専用の無料駐車場があります
P1170409.JPG
かなりの台数が駐車できますが、
お城に行く人の専用です
P1170410.JPG
千葉市郷土資料館も、併設されてます
白線にそって、駐車します
駐車場には、管理の方もいますので、指示に従ってください
この、駐車場からはすぐに参道にいけます
JR内房線「本千葉駅」徒10分、千葉都市モノレール「県庁前」5分
P1170414.JPG
P1170415.JPG
P1170416.JPG
この像は、矢を放つ千葉介常胤公
です
亥鼻(いのはな)は千葉県千葉市中央区にある地名。
千葉市中心市街地を形成する都川河口低地の左岸に、下総台地から亥の方角に突き出した舌状台地であり、地名もこの地形に由来する。現在千葉大学医学部、看護学部のキャンパスおよびこれに附属する千葉大学医学部附属病院、亥鼻公園及び千葉市立郷土博物館等の施設が存在する。JR東日本・本千葉駅の北側一帯の地域に当たり、歴史的には千葉氏の城館(一般的に亥鼻城(いのはなじょう)又は千葉城(ちばじょう)と呼称されている)があった亥鼻の舌状台地と、そこから見下ろす西側の都川河口低地一帯が千葉市本来の中心地に当たる